法律まめ知識

神奈川県の大船という街にある大船法律事務所の弁護士高岡輝征が紹介する「法律まめ知識」。 ひまわりは弁護士の象徴で弁護士バッチのモチーフもひまわりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法曹三者のバッチ

法曹三者とは,裁判官,検察官,弁護士の三者を言います。
みなさんは法曹三者の記章(バッチ)についてご存知ですか?

裁判官のバッチは,八角形の銀色の鏡の真ん中に白文字で「裁」くという文字があしらわれています。鏡には「真実を映し出す」という意味が込められていると聞いたことがあります。ネット上で画像を探しましたが,発見できません。裁判官は,法廷では黒い法服を着ているため,その下のスーツの胸のバッチを見ることは困難です。黒い法服を着ていないとき,例えば,和解の席とか,裁判所内の移動中とか,が裁判官バッチを見れる数少ないチャンスです。

検察官のバッチは,真ん中に紅色の旭日が据えられ,その周りに菊の白い花弁と金色の葉があしらわれています。その形が霜と日差しの組合せに似ていることから,一般に「秋霜烈日(しゅうそうれつじつ)バッチ」と呼ばれています。なお「秋霜烈日」とは,秋におりる霜と夏の厳しい日差しのことで,刑罰や志操の厳しさにたとえられます。その画像は法務省のホームページの刑事局のところにあります。ただし,カラーではありません。

弁護士のバッチは,ひまわりをモチーフにし,真ん中に「はかり」があしらわれています。ひまわりは「自由と正義」を意味し,はかりは「公平と平等」を意味します。画像は当ブログにあるとおりです。金色部分は銀地に金メッキが吹き付けられたもので,年季が入るにつれ,金メッキがはがれて,地金の銀が表面化します。ですから,ベテラン弁護士のバッチは,金色ではなく,銀色なのです。昔は,経験豊富さを示すため,無理に金メッキをはがすことがはやったりしたこともありましたが,最近は,やはり金色のほうが見栄えがするなどの理由から,できるだけ金メッキがはがれないように気を遣っている弁護士も多いです。なお,特製のバッチで,金メッキではなく,地金が金でできたものもあります。

ちなみに,法曹三者のたまごである司法修習生のバッチは,裁判官をあらわす「紫」と,検察官をあらわす「紅」と,弁護士をあらわす「白」の3色を使って,ジャスティスの「J」が形作られています。※3色とそれに対応する法曹三者の色については,おぼろげながらの私の記憶に基づいていますので,もしかしたら間違えているかもしれません。ご注意ください。

FC2法律・法学ブログランキングに登録しています。
本日(現時点),9位です。赤丸急上昇中です。皆様のお力添えに感謝します。
この記事が少しでもお役に立ちましたら,こちら→(FC2 Blog Ranking)をクリックしてください。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ofunalaw.blog105.fc2.com/tb.php/16-f1b033d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。